その子によって高校受験の勉強法は違う

近所に、年子の姉妹を持つお母さんがいます。

昨年はお姉ちゃんのほうが高校受験。夏休みは全教研の講習会にも通い、吹奏楽部だったので、11月末まで部活動もがんばりながら受験勉強。みごと、県立高校の推薦に合格しました。

そして、今年は妹ちゃんのほうが高校受験。

お母さん曰く、「△△(妹さんの名前)のほうは、お姉ちゃんとタイプが違うから、個別指導の塾のほうがいいと思うんです。」と、お姉ちゃんとは別の塾に、夏休みの間通う予定らしい。

ちゃんと子どもによって、高校受験の勉強法を考えていらっしゃるんだなぁ。

たしかに性格の違いで、勉強法の違いも出てきますよね。

私は集団授業があまり好きじゃなくて、一人でコツコツやりたいタイプだったので、塾に通いたいとはまったく思いませんでした。

だから、もっぱら家庭学習の教材を使っての勉強。これって下手すると、どんどん溜まってしまうという弊害があるのですが(笑)。

私が使っていたのは『トレーニングペーパー』という教材でした。毎月届く問題集のほかに、中間テストや期末テスト前にはコンパクトに要領をまとめた茂木試験問題もあり、私には合った教材でしたよ。