「その他」カテゴリーアーカイブ

ひとり税理士が性に合っている

今は働き方改革では、「長時間労働」や「正規非正規の格差」、「キャリアパス制度」などが課題にあげられています。
そこで、ひとり税理士として開業している林さんは、ひとりだから一緒に働いている税理士の仲間もいなければ職員もいません。
その分、他人の目を気にすることなく働きすぎたと思えば、いつでもブレーキをかけられると書いています。
林さんは事務所を持っていますが、ひとりなら自宅でも開業はできるし、事務所があっても毎日通わなくてもよいと言います。
林さん自身は、自宅で仕事をすることが多いそうですが、1歳8ヶ月の長男が仕事をさせてくれなくなり最近は事務所で仕事をしているそうです。
「ひとり税理士なんて寂しくないの?」と言われるんですが、そんなことはないと林さんは書いています。
大きな案件をやり遂げた後に労をねぎらって打ち上げをしたり、息抜きに仲間と雑談をして発散したり、お昼にみんなでランチに行くなんてこともありません。
仕事に行き詰ったとき、誰かに相談したいと思っても誰もいません。
でも林さんは、家族との時間を大切にしたいと考えているので、会社の人たちとの飲み会や雑談よりも、早く家に帰って子どもの顔を見たいと思うし、元々ひとりで行動することが楽しいと思える方なので、これからも人を雇うつもりはないということです。

歯医者の被せ物の値段が気になる

最近は歯の被せ物もいろいろな種類が登場しているそうで、治療を受ける側も選択肢があって選べるようになりましたよね。
ただ、歯の被せ物は保険外だと自費で行うことになるので、料金的にはかなり高額になるのが一般的です。
前歯にはさすがに金属の被せ物は使いたくない人がほとんどだと思いますが、白い被せ物の値段はいくら位なのでしょうか?
グレードの高いものだとオールセラミックのもので1本12万円前後で、安いものだとセラミックと樹脂と合金でできた被せ物が5万円前後になるそうです。
歯医者によって被せ物の値段は違うようなので、まずは歯医者に相談してみるのが良さそうです。
インターネットでも歯医者の被せ物の料金表が載っていることがあるので、事前に値段をチェックしてから行くと安心かもしれませんね。
ちなみに最近は歯医者の自費治療はクレジットカードが使えることがほとんどのようです。
もし自費治療を受ける予定ならお財布にクレジットカードを入れてからいくといいですね。
いずれにしても最初の治療を受ける歯医者はじっくり厳選して選びたいものです。

相続税の事を考えると複雑なのが遺産相続です

この世にはうれしい事がたくさんあります。
嬉しい事は多いですが悲しい事もたくさんあります。
困る事も多いです。
社会生活をしていると行き詰まる事はあります。
行き詰まっても前に進まないといけません。
行き詰まったから前に進まないで後ろを向くというのは良くないです。
人生というのは何が起こるか分かりませんが、後ろを向いてばかりいたら良い事はありません。
過去も大事ですけど、過去ばかりで前を見ないで良い事があるはずはありません。
目先の利益だけを考えたら親の財産を相続するのはうれしいです。
相続する権利のある人が自分一人だったらとてもうれしいです。
自分が親の財産を独り占めできるのですからね。
受け取るだけならうれしいですけど、遺産相続はうれしい事だけではありません。
遺産相続となると迷ってしまう事もあります。
遺産相続は入る方だけではなく出る方もありますからね。
遺産相続となると相続税が掛かります。
相続税は税金ですから貰う方ではありません。
相続税は支払う方です。
貰うのは好きだけど払うのはあまり好きではない人は多いです。
必要な物であっても支払うのはあまり好きではないです。
支払うというのは自分のお金が減るという事ですからね。
それだけに遺産相続はうれしい事ですけど、相続税の事を考えると気持ちは複雑です。

茨木の整体は見えないところから診る?!

肩が痛いと、どうしても肩だけにとらわれてどうにかしようと思うものです。
しかし、同じ症状をもちこんでも、茨木整体では肩を一番に診るかというとそうではないかもしれません。
どこから肩に症状が来たかについて、まずは探りを入れてくれることから始まるといえるからです。
もちろん、結果的に肩だけであったとしても、始めの探りを飛ばさない整体だから頼る人も多くなると思います。
というのも、原因が肩そのものでない場合では、次々と痛んでその度に整体の必要性が出てきたりもするでしょう。
そう、少なくとも茨木の整体には短期間で逆戻りするなんていうことをしなくてもいいのではないでしょうか。
なので、整体の範囲で治るところについては全身のヘルスケアができるところでもあるかもしれません。
しかも早い段階で茨木の整体とめぐり合うということの大事さも組み合わせなければいけないものです。
確かに、今ある痛みよりも、今まさに出ようとしている痛みを抑えることで、「今」のものにも効くこともあるといえます。
だって痛さというのは、体だけが負担を感じて出している、という部分も持ち合わせているからです。
そんなところでいくと、茨木の整体は体内のレーダーをいち早く察知してくれる整体なのかもしれません。
私たちが痛さでないとわからないものを、手や機械で先に診ようとしてくれるものだからです。

弁護士への無料相談は有効か?

なにか問題があっても、なかなか弁護士に相談しようとは思われないかもしれません。
確かに、弁護士に相談すると、相談費用などがかかってしまい、高額な請求をされてしまうというようなイメージがあるかもしれませんね。
専門的な知識を持っている弁護士だからこそ、その報酬も高いというのは事実です。

しかし法律上の問題に関しては、弁護士への相談なしに解決するのは難しいものです。
例えば、離婚問題が起きた時に、2人だけで話し合っても、全く解決しないということもあるでしょう。
更に借金の問題なども同じく、「返す、返す」と言い続ける相手に、本当に返済させられるのかは未知数です。
しかしこうした問題であっても、弁護士が法律に則って対応をすると、すぐに解決できることもあります。
つまり当人同士での話し合いでは、法律的な知識がないため、どのように解決するのか解決方法についての知識が足りないということもあるでしょう。
ですから、まずは弁護士に相談するために、無料相談を利用してみましょう。
無料だからといって、法律家である弁護士は適当なことをいうわけではありません。

留学に行く人もいますが日本に留学して来る人もいます

留学は行くだけではありません。
日本に留学で訪れる人も多いです。
日本では多くの外国人が訪れています。
観光で来る人もいますが、転勤で来る人もいますし留学で来る人もいます。

日本だけではなく世界中で外国人に喜ばれる国づくりが求められています。
どの国も多くの外国人に訪れてもらいたいですからね。
留学生はいろいろな人がいます。
国も違えば性格も違いますし性別も違います。
性格も性別もすべての人が同じわけありません。

留学をする場合に気を付ける事は多いです。
国が違えば文化も違いますからね。
留学をする場合はその国の文化を覚えておく事です。
日本にいる時と同じように考えて行動したら大変な目に遭う事があります。
日本と価値観が違う国は多いですからね。
日本で良いと思っている事でもダメな事である場合は多いです。
留学で日本に来る人も多いですから外国語を勉強したいと思う人は多いです。
留学で日本に来たばかりの人は日本語が良く話せない人はいます。
コミュニケーションをとるためには外国語は勉強しておきたいです。
特に英語は勉強しておきたいです。
留学をする場合は最低限の英語力は身に付けておきたいですが、留学しない場合でも外国人に話しかけられたことを考えるとある程度は理解しておいた方が良いです。
理解力の違いは大きいですからね。
語学への理解力は留学をする場合でもしない場合でもある程度は知っておきたいです。
行く場合でも訪れる人を迎える場合でも相手への理解は示しておいた方が良いですね。

会社経営を順調に!松山市の税理士に相談しよう

脱サラして会社を経営する場合、これまでとは異なる新たな課題がみえてきます。
自分が経営主になるため、すべての責任を自分で背負う必要があります。
現状維持はもちろん、さらなる収益アップを目指さなければなりません。
そのためには、日頃の経費見直しも大切ではないでしょうか。
経理が得意なスタッフがいれば、その人に任せる方法があります。
それ以前に、経営者自らが経理を学び、税務申告関係書類を作成することが理想的です。
しかし、業務の拡大にともない、やるべきことも増えるため、現実的には厳しいのではないでしょうか。
そんな場合は「税理士法人やよい」に相談してはいかがでしょうか。
こちらは、松山市の税理士としても注目されています。
税務申告をスムーズにするためには、決算が迫ってから慌てるのではなく、日頃から経営状態を把握することが大切です。
そのためには、月次損益を部門別に押さえておきましょう。
「税理士法人やよい」では、税理士自らが相談を受けるだけでなく、会社経営のニーズに即した、きめ細かいサポートを手掛けています。
会社経営を順調にするためにも「税理士法人やよい」に相談しましょう。

DVD制作で定評のある会社を探したいんだが…

うちの会社の社長はアイデアマンではあると思います。
社長室にこもっていたり(そもそも社長室は無い)、椅子にふんぞり返っていたり、そういう類の社長ではありません。
むしろ、かなりアクティブに働く社長で、自ら仕事を取ってきたリするから凄いなって思いますね。

で、まぁ最初に書いた通りアイデアが豊富で、当たりハズレはともかく色んなことを思いつくんです。
これが一社員ならば、しょーもない案は通らないんだけど、社長の場合は違います。
どんな「は?」みたいな案でも実行しちゃうことができるので、権力ってやっぱ大きいですね(笑)

そんな社長が、社のプロモーションDVDを作りたいって言いだして、これはもちろん「は?」なアイデアなんです。
私はそのDVD制作のチームの一員になってしまって、だけど練り始めると結構楽しいんです。
こりゃ、良いもの作りたいなって気持ちが湧いてきて、共に愛社精神なんかも芽生えてしまって、これがもしかして社長の狙い?

だけど、もちろん社内で出来るものではないから、DVD制作の会社に依頼します。
どの会社は定評があるか、今考えてる最中なんだけど、結構良さそうなとこが沢山あって迷いますね。
切羽詰まった業務ではないし、みんな持ち場を抱えてるから合間に作業する感じなんだけど、年内には完成させたいですね。

相続に知らん振りできるだけの弁護士は横浜なら見つかりやすい。

たとえ親子のもつれがほどけずとも、いずれは相続というものが用意されてくるでしょう。
しかし、相続では知らん振りができず、なんらかの意思を決めなくてはならないようです。
また、どんな意思を表そうにも相続弁護士がいるかいないかでは、面倒ではないとも言えません。

たかが放棄といえども相続では1枚の紙で終わるものかというとそうではないようです。
そして、親が県外にいる場合なんかはその県の相続弁護士であるほうがいいでしょう。
そう、横浜住まいであれば相続弁護士横浜の弁護士さんに役場や裁判所の行き来もしてもらいやすいです。

なので、相続弁護士がいれば自分は知らん振りでも相続の面倒がこないということはあるかもしれません。
ただし、この方法で知らん振りするにはそれに見合う相続弁護士にいてもらわなければならないでしょう。
中でも横浜の安田弁護士のように、相続弁護士という仕事だけをしているのではないこともひとつです。

最新の法律で動いてもらえる相続弁護士ほど頼りすぎていけたりもするものだからです。
「最近知ったばかりで…」と言うようなことがない立場でもあるので、相続がくる前でもきた後でも不安がありません。
そのためか、横浜では相続というと、安田弁護士をあげる人が多くなっているといえます。

予防歯科に通って歯を大切に

子供の頃は虫歯の治療で歯医者さんに行くことがほとんどですが、中年になると歯がしみたり、詰め物は取れたり歯のトラブルも増えますよね。
しかも治療期間も長くなるし、前回の治療の時には半年も歯医者さんに通いました。
こんなに治療が長引くなら、もっと早く歯医者さんに行っておけばよかったのかなぁ。
でも歯医者さんに行くのって痛みがあったり、詰め物が取れてしまった時なので、歯医者さんで診てもらった時には状態が悪くなっている事が多いんですよね。
初期の段階では自覚症状もないので歯医者さんに行くのが遅くなってしまいますが、予防歯科に通えば初期の段階で治療ができるんですよ。
私も予防歯科には通ったことがないのですが、友達が予防歯科のある歯医者さんに行っていて定期健診を受けています。
定期健診を受けていれば虫歯や歯周病を早期に発見することができ、症状がひどくなる前に治療を受けることができます。
高齢になると入れ歯になる人が多いですが、できれば自分の歯で何でも食べたいので、今から歯の健康を守らないといけないと思っています。
だからこれからは予防歯科に通って歯を大切にしたいと考えています。